競馬投資法、競馬必勝法の仕組みと問題点3
競馬投資で3連単万馬券を獲る
競馬投資法TOP 勝ち組への道 理論と概念 よくある質問 競馬会員の声 競馬会員制度 投資競馬サイトマップ

まぐまぐ
無料メルマガ
「競馬で勝つ道、
その戦略と戦術」

まぐまぐ
まぐまぐ購読ページへ
上記ボタンをClick!


 万馬券最新的中
 万馬券過去的中
 会員様の声
 質問と答え
 投資法
 Racing Club
 会員規約
 競馬メルマガ
 会社概要
 無料情報
 

特定商取引法に
基づく表記


JRA


一般的に使われる
代表的な投資法とその問題点 3


逆マーチンゲール法(パーレイ法)

前回までで代表的な追い上げ式の投資法を紹介しました。
必勝法と言われる投資法の代表的なものでも
いかに欠点が多く、
そのままではおそらく必敗法となってしまうことが
見て取れたことと思います。

次にその追い上げ式とは別の投資法として
やはり最も代表的と言える
逆マーチンゲール法を考えてみます。

逆マーチンゲール法はその名前の通り
マーチンゲールの逆の方法で投資を行うものです。
簡単に言うと、 マーチンゲールが負けたら倍掛けするのに対し
逆マーチンゲールでは、勝ったら倍掛けをしていきます。

この投資法は以下の仕組みです。
まず基本的に1/2の確率で的中し、
的中したら2倍の配当が貰えるゲームを考えます。
勝ったら配当として得た金額(前回の掛け金の2倍です)を
そのまま次の回に賭けます。

勝ち続ける限り、得た配当をそのまま賭け続けます。
つまり倍掛け倍掛けとなっていく訳です。
負けたらそこで終了。
次は最初に賭けた金額に戻ります。

ではまた簡単なもので考えて行きましょう。
ルーレットの赤黒やコインの表裏を当てるゲームで
最初に100円を賭けてスタートするとします。

最初に100円を賭け、当たったら200円貰えます。
次にはその200円をそのまま賭けます。
そしてまた当たったら次は400円、その次は800円、次は1600円・・・・
と勝ち続ける限り、常に前回の2倍の金額
(得た配当をそのまま)を掛けて勝負していきます。
どこかで外れたらリセットとし、
次はまた始めの100円からリスタートします。

連勝する限り利益は加速度を加えて増えて行きます。
100円からのスタートであっても
例えば5回連続で勝った場合、
そのセットでの利益は3100円、
もし7回では12700円、10回では10万円を超します。

逆にどんなに途中まで勝ち続け
どれほど利益が膨らんでいても
1回負ければ全ての利益は失います。

負けるまで続けるということを繰り返すと
1セットごとに100円(最初の掛け金)ずつ負けていきます。

逆マーチンゲールは理論上
真面目に永遠に続けては必ず負けるということになります。
連勝している途中で止めることが勝つための条件です。


このように逆マーチンゲールは
マーチンゲール法の逆をいく投資法です。
故に長所や短所も真逆となります。

まず、逆マーチンゲールは
非常に投資金額が低く抑えられるというメリットがあります。
マーチンゲールや追い上げ式に見られる
最大のリスクであるバンク(破綻)はまず考える必要はありません。

勝っている限り、手持ちの投資用資金は減りません。
そして負けても、1セットで最初に賭けた投資金のみ減っていくだけです。
たとえ100セット全て負けるまで続けたとしても
100円から始めた場合、1万円しか負けません。

そして勝ち続けた場合、
僅かな投資金で巨万の富が得られるという夢を持つことが出来ます。
たった100円がもしも18回連続で勝つことが出来たなら
何と1千万円を超す配当となります。


逆マーチンゲール投資法の問題点

まず、単純な確率論からは
1/2の勝率でも7回連続で勝つ確率は1%もありません。
それ以上となるとほとんどゼロに近くなっていきます。

そして掛け金が徐々に膨らんでいくと言う点では
マーチンゲール法にも見られた問題が生じます。

・掛け金の上限がある場合
・ゲームの回数があらかじめ決まっている場合
・配当が掛け金で変動する場合 ・・・等
決められた掛け金で勝負を続けるのが
難しくなる場合が考えられます。

競馬で考えると
上記、掛け金の上限は
PATでも現在土日の2日間で9900万円まで購入出来ます。
ゲームの回数もとりあえず無限です。
しかし競馬の配当は変動オッズですから
非常に大きな金額を賭けると
自分でオッズを下げるという可能性は残ります。

ただし上記のことは
逆マーチンゲール法の一番の問題点や難しさを考えた場合
返ってメリットとなるものかも知れません。
そうした状態になった場合には
必ず止めるというルールにすれば良いだけの話です。
そしてその場合、おそらく巨大な利益が残るはずですから。


逆マーチンゲールで最大の問題であり、一番のリスクともなるのは
勝った場合にどこで止めるかというタイミングの難しさです。
上記にも記したように
この投資法では途中で止めることが
勝つための絶対条件だからです。

勝負とは勝つ時もあれば負ける時もあります。
そして、競馬に絶対はありません。
どんなに勝つ確率が高くとも
負ける時はいとも簡単に負けてしまうものです。


追い上げ式などの場合は
勝った時にセット終了などと
投資の終了時がはっきりしています。
しかし、逆マーチンゲール法の場合は
その投資を終了するタイミングが非常に難しいのです。

連勝を続ける限り利益は膨らんでいきます。
しかし1回でも負ければ利益はなくなりマイナスとなります。

加速度を増す利益というのは
最初のうちは利益がとても小さいのです
例えば2,3回の連勝では
思ったほどの利益になっていないことが多いものです。
そのため、あと少し、あともう1回の勝負で
全てを失うことの何と多いことか・・・

そしてこれは上記と相反するもののようですが
例え最初は僅かな投資金でも
勝ちを重ねて一度は得た配当を手にすると
大多数の人は、それをそっくりそのまま
次に賭けることが出来なくなりがちです。
人間の心の弱さとの勝負もあるということですね。

するとどうなるでしょう。
大枠では2回に1回は負けますから
着実に投資金は減って行きます。
そしてもう少しというところで何回か負けると
次にはなかなか大勝負が出来ません。
精神的なものも加わり、
負けを取り返した位でセット終了としがちです。
よって、勝っても得られる利益はほんの僅か、
それが悪循環に陥り、
やがてジリ貧となっていくことになります。


逆マーチンゲールだけでなく
パーレイ方式(コロガシ)を基本とするものは
どれも上に書いたようなことが起こりがちであり、
これを克服するのは実はとても難しいものがあります。


視点とヒント

しかし、逆マーチンゲール法は、
マーチンゲール法と対比して考えることで
ギャンブルに勝つための大きな視点を与えてくれます。

確率においては
例えば1/2の確率というものを考えた時
それが独立事象で在る限り
今回も、次回も、そして次々回においても
その勝負における1/2の確率というのは変わりません。

少し概念的に言うと
永遠という時の流れから近視眼的に時を切り抜くと
また違った側面が見えてくるということです。

それは宇宙を考えて見てもイメージしやすいかも知れません。

広大な宇宙はその空間に
全て均一に星や物質が存在しているのではありません。
あるところには何もなく
そしてある場所には、星が密集し、銀河を形成している。。。

つまり何事にも散らばりがあり、偏りが在るということです。

そうした事象を、或る人は運と言い、
また或る人は奇跡と読んだりしますが
理論的に考えて、至極当然と言えることでもあるのです。


逆マーチンゲールやパーレイ法を駆使して
競馬で勝つためにはどうすればいいか
よく考えてみることです。

何が必要か
足りないものは何なのか・・・
マーチンゲールでもなく
逆マーチンゲールでもない投資法は
どんなものが考えられるのか。。。


その答えが明らかになった時
貴方はそう簡単には負けなくなっているはずです


今後も様々な投資法をとりあげ、
その仕組みと問題点をお伝えしていきます。
また、取り上げて欲しい投資法や
競馬必勝法がありましたらご連絡下さい。
弊社に資料がないものでもお送り頂ければ検証し、
出来る限りご要望にお応え致します。


再度言います!競馬に絶対はありません!
よって絶対的な競馬予想必勝法はないと言えます。
しかし、やり方によっては
最もパフォーマンスを上げる方法はあるのです。
INSIGHTが
競馬で勝ち組に入る攻略法をお伝え致します。


マーチンゲール投資法 

馬法の方程式 

会員の方から頂いた喜びの声です。


Contents
What's New

INSIGHT情報は真のローリスク&ハイリターンを
   とことん追求して構築されたものです





INSIGHT RACING CLUBでは
競馬をあくまで成功する投資法として考え
それを現実化するための厳選情報を
お伝えしていきます。

本気で競馬に勝とうと考えられている方にとって
必ずや新たな気づきが得られることでしょう。
「 INSIGHTレーシングクラブ」が
貴方を勝ち組に導きます。

私たちは、正面から真面目に
競馬に取り組んでいます。
世に多くある悪徳予想会社とは
一線を画すものと自負しています。
弊社並びに当サイトの情報にご質問がある場合、
お気軽に までご連絡下さい。
必ずご返信、ご回答させて頂きます。




投資競馬TOPへ戻る
競馬投資TOP | Insight概念 | 会員制度 | 的中実績 | 会員様の声 | FAQ | メルマガ | 会社概要
Copyright 2005 INSIGHT Inc. All rights reserved.